ペットの健康

ペット撮影はフォトスタジオで
2018/10/22

毎日のように撮るペットの写真。
「どうしても人気のSNSのようにかわいく撮れない。」
「構図がいつもワンパターン」
「寄り過ぎて、ぶれてしまう。」
「もっと上手に撮りたい」
そんなふうに悩んでいました。
ペットのお誕生日やハロウィンで仮装した写真も記念になりますが、私が撮っておきたいと思ったのが、子どもたちの七五三の時の家族写真。
いつも子どもと仲良く遊んでいる家族同様大切なペットも一緒に写ってこそ完成。
ロケーション撮影をすることで解決しました。

 

それぞれのシチュエーションに合う撮影方法

■スタジオ撮影
小物で興味を引き付け計算しつくされた光の加減が魅力的。
柔らかな毛の質感や、瞳の輝きなどを映し出し立体感のある写真になります。

 

■出張撮影
太陽光の下、広い空間を使って走り回る姿は躍動感たっぷり。
ペットならではのしなやかな身体の動きを使ったアグレッシブな写真になります。
■自宅撮影
普段の生活の中のナチュラルな表情を捉えやすい。
安心した穏やかな写真は見ている人も幸せな気分に。

 

かわいく撮るコツ

ペットと一緒に撮影を楽しむこと
止まったりポーズを決めることなどできないので、目線を合わせて遊んでいる姿がなによりも可愛く撮れます。

 

ペットの健康に気を配っているつもりでも、それでも振り回されるときがありますよね。
実はそれは反抗期!人間と同じように反抗期があるのです。
健康だけじゃなく、気分やストレスにも気付いてあげると、ペットとのイベントが更に楽しいものになりますね。

イベントごとに撮るペットフォトでたくさんの記念を残しませんか?