その他

春に気をつけるペットの健康
2020/04/27
春に気をつけるペットの健康

ペットを飼うということは命を扱うことになるので、それなりの覚悟が必要になります。
自分のペットが安心して暮らせるように、春に注意すべきことについてご紹介していきます。



換毛期の季節

ダブルコートの犬種は夏の暑い時期に備えて、蓄えていた冬毛が抜け落ちてきます。
日々ブラッシングを行い、綺麗にしてあげましょう。
抜け毛を放っておくと皮膚病の原因になりますので、しっかり除去することが大切です。
また、屋内飼いの場合、この時期は抜け毛で部屋が散らかってしまうので、
そうならない為にもこまめにブラッシングをしてください。
ブラシは毛質や長さによって選び、ブラッシングだけでなくシャンプーも効果的。
ただし、乾燥や肌トラブルの原因にもなるので、シャンプーは月3回までを目安に行ってください。



ノミの季節

春はノミやダニが急増します。
そのため感染症にかかりやすくなるので、予防や駆除がとても大切。
予防としては、第一に部屋の中を清潔に保つこと。
カーペットやベッドにノミが潜んでる可能性が高いので、愛犬の健康のためにも常に清潔を心がけてください。
室内犬でノミやダニが見つかるのは、散歩中についてしまったことが考えられます。
草の中や他の犬から連れてきてしまっている可能性があるので、出来るだけ草むらに入ることは控えましょう。
また、予防薬を使用しないと寄生しる可能性も。
定期的に投薬することで寄生を防ぐことが出来ます。



狂犬病予防注射

春は狂犬病予防注射の季節、4月~6月に一斉に注射を受けます。
こちらは義務として定められているので、3月に受けていたとしてもこの期間に必ず受けなければなりません。
狂犬病はよく耳にすると思いますが、感染すると意識障害など脳に異常が起こります。
愛犬がかかってしまわないよう適切な注射を受けましょう。
また、狂犬病は人間にも感染するので、ご自身の身を守るためにも必ず受けましょう。



愛犬が安心して暮らしていけるように飼い主がしっかりとお世話をしていきましょう。
困ったことがあったら動物病院に行った際に聞いてみることをオススメします。